トップ 美術館・博物館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

美術館・博物館ナビ長崎県 > 梅ケ谷津偕楽園

梅ケ谷津偕楽園

梅ケ谷津偕楽園

旧平戸藩主 松浦 熈(まつら ひろむ)別庭

奥平戸のロマンあふれる美術館
文化庁登録文化財長崎県まちづくり景観資産

旧平戸藩主別邸
本園は、第35代平戸藩主
松浦 熈(まつら ひろむ)公の別邸として使用され、
かつては第30代藩主 雄香公の茶室が
設けられていた由緒ある処です。

梅ケ谷津偕楽園:DATA
住所〒859-5122
長崎県平戸市明の川内町348
電話0950-22-3003
FAX
URL
営業開館時間08:30~17:00 木曜日
駐車場
業種
アクセス◆バス
国道383号線鞍掛バス停留所・近く
◆その他
観光スポット・平戸城・平戸大橋
お役立ち情報★屋敷について
格高楼、真写楼、風月軒、朱竹の間などの部屋があり、扁額が見事です。

★古文書について
観中熈(ひろむ)公の自筆自詠の短冊、消息文、茶の湯の手引き書、
茶道具の図解書など、多数展示されています。

★陶磁器について
平戸藩の御用窯であった平戸焼 中野窯、
その他江戸・桃山時代の逸品が展示されています。

★眺望について
格高楼からは、前方に九十九島、眼下に砂浜が眺望できます。

梅ケ谷津偕楽園の地図

長崎県平戸市明の川内町348

梅ケ谷津偕楽園の詳しい情報です!

当時の豪商近藤慶吉により、文政13年(1830年)に建設され天保10年(1839年)に
時の藩主35代松浦熈公に献上され、藩主別邸となりました。

32000m2の敷地に3階建ての数奇屋造りの主屋、蹴鞠場、西洋風庭園が現存しており、
当時は別建のお茶屋や月見櫓などが併設されていました。(国の登録文化財や県の景観資産)

近藤慶吉は、この屋敷を献上した功により梅谷 り友(りゆう)の名を賜り、
武士に取り立てられ、この別邸の留守番役をおおせつかりました。

明治の廃藩置県により、その子孫が、時の藩主に屋敷をお返し頂き、
その時の藩主の調度品などをお譲りいただきました。

従って内には殿様愛用の茶道具、什器、蹴鞠の用具、手書の百人一首、
直筆の和歌、浮世絵、ケヤキの一枚板の襖、奥方の衣装(松平定信の娘)

妹様(中山愛子様)は、明治天皇のおばあ様です。

建物は、180年程前のままで、手書きの壁紙、平戸焼の取っ手、欄間の外、
お成りの間、朱竹の間、格高の間、真写楼と名づけられた各部屋、
殿様専用の散策道、籠置の石、手水鉢、石灯籠等、殿様の日常生活を
印象づける物がそのまま残されています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


美術館・博物館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ フィギュア専門の博物館

「変り種」と言われる博物館の中に、「制作したフィギュアを展示した博物館」があることをご存知でしょうか。今や日本のアニメブームは世界に広がりを見せており、グッズ目当てに外国人が秋葉原に訪れるなど、大きな盛り上がりを見せています。そんなアニメブームの前から、日本アニメのフィギュアをはじめとする「立体造型」の世界を牽引してきたのが「海洋堂」と言う企業です。 海洋堂のフィギュアには、アニメだけでなく「恐竜」「動物」「魚」などがあり、造りの精巧さや繊細さが多くの人に指示されました。今

美術館・博物館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。