トップ 美術館・博物館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

美術館・博物館ナビ京都府 > 紫織庵

紫織庵

紫織庵

京のじゅばん&町家の美術館

大正ロマン漂う紫織庵。
京都の町家として貴重な歴史資料です。
長じゅばんの歴史展や販売もしております。

紫織庵:DATA
住所〒604-8205
京都府京都市中京区新町通六角上る三条町340
電話075-241-0215
FAX075-241-0265
URLhttp://www.shiorian.gr.jp/
営業
駐車場
業種博物館、美術館
アクセス◆鉄道
京都地下鉄烏丸線・烏丸御池駅・6番出口より徒歩5分
◆バス
四条烏丸停留所・徒歩10分
烏丸御池停留所・徒歩8分
お役立ち情報只今、紫織庵「友の会」会員募集中です。

季節のご案内をいち早くメールにてご案内いたします。会員費用は無料です。

是非お申し込みください。

紫織庵の地図

京都府京都市中京区新町通六角上る三条町340

紫織庵の詳しい情報です!

<紫織庵のご案内>
京のじゅばん & 町家の美術館 紫織庵 京都市指定有形文化財 川崎家住宅
江戸後期の名医、荻野元凱の医院跡に、大正15年、室町随一の豪商 四代目井上利助氏が住宅兼商談場として新築し、昭和40年より平成9年まで、白生地商、川崎家の住宅兼迎賓館として引き続き使用されていました。
敷地約240坪に、通りに面して門と堀を設け、奥へ順に茶室、洋館、玄関棟、2階建て主屋、便所浴室、土蔵2棟を配置する、京の伝統的な「大堀造」建築の代表例です。建物は、洋館部分を日本の近代建築の父と呼ばれる 京都帝国大学建築学科初代教授、武田五一氏が設計参与し、当時流行したF.L.ライト風意匠で仕上げ、茶室や和室部分は明治・大正期に活躍した数寄屋の名工 上坂浅次郎氏が設計建築しました。凝った造りの茶室や主屋座敷の東山三十六峰をモチーフにした竹内栖鳳の欄間など近代京町家の貴重な歴史資料となっています。
平成11年4月に現在京都市指定有形文化財に指定、また京都府医学史研究会史跡にも指定されています。


<紫織庵見学のお問い合わせ>
●入場料 500円
●休館 不定休
●AM10:00~PM5:00
紫織庵見学のご予約・お問い合わせをEメールにて受け付けております。
お茶(500円)のご予約もお待ちしております。
こちらからどうぞ ⇒ http://www.shiorian.gr.jp/shiorian.htm

※催し物、特別展も随時開催しております。ホームページでご確認下さい。
http://www.shiorian.gr.jp/moyoosi.htm
http://www.shiorian.gr.jp/siryo.htm


<紫織庵のネットショッピング>
紫織庵の復刻大正友禅ゆかた、小物はネットショップでもお買い求めいただけるようになりました。
ゆかたは綿絽や綿たて絽などの生地を使用し、友禅で染め上げた「大人のゆかた」を、小物は、レトロモダンなバケツ型バッグやトートバッグなどご用意しております。
また、メンズ用ゆかたも新たに発売しました。
京都にご来店いただく機会がない方やお近くのきもの店に紫織庵のゆかたや小物が見つからない方は是非、紫織庵のネットショップでお求めください。http://www.shiorian.com/1contents/index.html



スポンサー広告

ネットショップ広告


美術館・博物館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 一度は見たい「最後の晩餐」

「最後の晩餐」は、イエス・キリストの最後の晩餐を描いたもので、レオナルド・ダ・ヴィンチの手による絵画です。イタリアのミラノに現在もある「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院」の食堂壁に描かれているこの作品は、未完成の作品が多いダ・ヴィンチ作品の中でも完成された作品のひとつで、彼の著名な作品のひとつです。 ちなみに、この修道院は現在「世界遺産」として登録されています。キリストの「最後の晩餐」は、それまでに多くの作家が描写をしている光景ですが、ダ・ヴィンチの手による「最後の

美術館・博物館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。