トップ 美術館・博物館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

美術館・博物館ナビ海外の有名な美術館 > 有名な絵画がある美術館は?

有名な絵画がある美術館は?

有名な絵画がある美術館は?の画像

世界には有名な絵画がたくさんあり、日本ではなかなか公開されない貴重なものも非常に多くなっています。人気絵画の代表と言われるレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」は、一度は日本で公開もされたそうで、その際は50億の保険がかけられたと言われています。この「50億」と言う金額でも解るとおり、モナ・リザは滅多に海外へ持ち出されることがなく、基本的にはフランスのルーブル美術館を訪れるしか観る方法はありません。

ルーブル美術館には、他にも「岩窟の聖母(レオナルド・ダ・ヴィンチ)」「聖アンナと聖母子(レオナルド・ダヴィンチ)」「洗礼者ヨハネ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)」「ナポレオンの戴冠式(ジャック=ルイ・ダヴィット)」「民衆を導く女神(ウジェーヌ・ドラクロワ)」「ミロのヴィーナス」「サモトラケのニケ」「マラーの死(ジャック=ルイ・ダヴィット)」などが展示されています。

そして、「ムンクの叫び」で有名なエルヴァンド・ムンク作の「叫び」は、「オスロ国立美術館」に所蔵。「叫び」は一度盗難にあっており、その際についた損傷を完全に直すすることはできず、そのままの姿で展示されています。光を表現する画家として有名な「モネ」が描いた「印象・日の出」は、マルモッタン美術館で見ることが可能です。

モネは独特の色彩表現をすることで有名で、自然にある光を自由な色使いで再現しています。「印象・日の出」は、日が上るとともに空の色がコバルトブルーへと変わり、光が広がっていく様子が巧みに表現されている逸品。闇から次第に空へ上っていく太陽が、克明に描かれています。

そして、レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ・サンティと並んで有名な芸術家「ミケランジェロ」の「最後の審判」。これは400人以上の人々が描かれているミケランジェロの代表作であり、完成させるのに5年の月日が必要となりました。現在は、バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂にて見ることができます。美術館所蔵ではありませんが、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」など、壁画に描かれている名画も多いものです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


美術館・博物館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 化石が見られる博物館

小さな子供が興味を持ちやすい「恐竜」ですが、その骨格標本などを見ることができるのが「化石館」です。福島県いわき市にある「石炭化石館」では、いわき市で見つかった「フタバサウルスズキイ」の標本を見ることができる他、世界でも貴重な化石の骨格標本を見ることが可能です。 この化石は、なんと昭和43年に高校生が見つけたもの。いわき市で見つかった貴重な化石は、時を超えて化石館で大切に保存されています。また、過去には「炭鉱」が盛んだったいわき市だからこその「炭鉱の歴史」を再現しており、いわ

美術館・博物館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。