トップ 美術館・博物館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

美術館・博物館ナビ歴史を学べる博物館 > 偉人の博物館めぐり

偉人の博物館めぐり

偉人の博物館めぐりの画像

全国には、「その地域から生まれた偉人の記念館」があり、地元の人や県外のファンに広く親しまれています。まず、個人で運営している記念館で有名なのが、京都の「新撰組記念館」。全国的にファンが多い新撰組ですが、特に京都に屯所を置いていた時代の新撰組は爆発的な人気があり、関連史跡を求めて多くのファンが訪れます。

新撰組記念館は、新撰組の壬生屯所があった場所にあるもので、新撰組好きの館長が集めた貴重な書籍などが展示されています。新撰組関連の書籍は数多く販売されていますが、現在では絶版になってしまっている物も多く、それらを追い求めているファンにとっては見ごたえある資料館となっています。そして、新撰組と言えばトップの人気を誇る「土方歳三資料館」も、ファンなら一度はチェックしておきたい場所。

「土方歳三資料館」は、土方歳三が生まれた東京日野市にあり、資料館を運営しているのは土方家の子孫です(土方歳三は子供を持たなかった為、兄弟のご子孫にあたる様です)。土方歳三は函館戦争の中で鉄砲の弾を受けて亡くなっていますが、その直前に土方の命を受けて函館を出た「市川鉄之助」が届けたとされる「和泉守兼定」や、歳三自身が書き溜めたとされる「豊玉発句集」、池田屋事変で使用した鎖帷子が展示されています。

ファンにとってはこれ以上ない資料が揃っている資料館ですので、年間を通して多くのファンがこの地を訪れているそうです。東京には、他にも「新撰組局長・近藤勇生家跡」などがありますので、京都上洛前の新撰組隊士に触れたい人にはこちらがお勧めです。それから、江戸時代といえば「坂本龍馬」を忘れるわけにはいきません。

坂本龍馬が生まれ育った「高知県」には、坂本龍馬記念館があります。龍馬が育った高知県の記念館として一見の価値ありですが、展示されているものは複製品が多く、本物は京都国立博物館所蔵となっていることが多いので要注意。この様な記念館を訪れることで、その土地から学べることがより多くなるのではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


美術館・博物館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 印象に残る博物館・美術館めぐり

「どうせ行くなら、人気のある美術館や博物館に行ってみたい」と言う人は、ネットの観光ガイドで「人気の美術館ランキング」をチェックしてみるといいです。このランキングでは、実際に美術館に行った人が「行ってみてよかった美術館」についての口コミを作成していますので、リアルな感想を見ることができます。 美術館に行ってみたいけれど、どの美術館に行っていいか解らないという人に、こういったランキングはお勧めです。また、「美術館」「博物館」「記念館」は意外に知られていない名所もありますので、そ

美術館・博物館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。