トップ 美術館・博物館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

美術館・博物館ナビ少し変わったタイプのミュージアム > 寄生虫の勉強ができる博物館

寄生虫の勉強ができる博物館

寄生虫の勉強ができる博物館の画像

「ちょっと変わった博物館」として有名なのが、東京目黒にある「目黒寄生虫館」と言う博物館です。この寄生虫館は、なんと世界にひとつしかない珍しい博物館で、私たちの身近にいる「寄生虫」について詳しく知ることができる博物館となっています。私たちは、「寄生」がどんなものか良く知りませんし、実際に寄生虫がどんな働きをし、害を及ぼしているのかをあまりよく知りません。

この寄生虫館では、寄生の概念をはじめとする「寄生虫のすべて」を学ぶことができる様になっており、「ちょっと気持ち悪いけど、寄生虫を見てみたい」と言う好奇心を持っている人から、「この機会にしっかりと寄生虫について学びたい」と考える人まで、すべての人が満足できる展示内容に仕上げられました。

寄生虫は、「過去にはたくさん見たけれど、今はあまり見かけることがない」ものもあれば、「現代になって見る機会が増えた寄生虫」もあり、寄生虫館では日本の分布図を見ることができます。普段、生活の中で私たちが寄生虫を意識することは少ないですが、分布図を見ると「寄生虫は身近なものであり、私たちの生活の近くにいるもの」であることが解ります。また、人間の体内にも動物にも寄生虫は住んでいて、どんな寄生虫が私たちの体の中にいるかについても学習することが可能です。

寄生虫館は、「寄生虫を取り上げる」と言う物珍しさからデートスポットにもなっており、サブカルチャーとしてメディアに取り上げられる機会もふえてきているそうです。寄生虫館は入場料を取っておらず、運営は「持ち込まれる寄生虫の鑑定」「グッズ販売の収益」で賄われています。グッズは、ここでしか購入することができない、珍しいデザインのTシャツなども販売されているそうなので、興味がある人はぜひ購入してみて下さい。

一風変わった博物館に行ってみたい、自分がまったく知らない分野の知識を深めてみたいと言う人は、この寄生虫館に出かけてみてはいかがでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


美術館・博物館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ トリックアートギャラリー

「トリックアート」とは、簡単に言えば「だまし絵」のこと。「壁から動物が飛び出している」と言う風に見えても、触ってみると平面であるなど、「遠近法や陰影法の使い方により、立体的に見せている絵」のことを言います。有名な絵画から人が飛び出している様に見えたり、凸凹に見えるものがそうじゃなかったり、人間の目や脳の錯覚を利用することで楽しめる作品が展示されています。 例を挙げると、洋服の中に「Tシャツの上にベストを羽織っている様に見えるけど、実はペイントされているだけ」と言うものがあり

美術館・博物館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。