トップ 美術館・博物館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

美術館・博物館ナビ少し変わったタイプのミュージアム > トリックアートギャラリー

トリックアートギャラリー

トリックアートギャラリーの画像

「トリックアート」とは、簡単に言えば「だまし絵」のこと。「壁から動物が飛び出している」と言う風に見えても、触ってみると平面であるなど、「遠近法や陰影法の使い方により、立体的に見せている絵」のことを言います。有名な絵画から人が飛び出している様に見えたり、凸凹に見えるものがそうじゃなかったり、人間の目や脳の錯覚を利用することで楽しめる作品が展示されています。

例を挙げると、洋服の中に「Tシャツの上にベストを羽織っている様に見えるけど、実はペイントされているだけ」と言うものがありますよね。あれも、だまし絵のひとつなのです。トリックアートの面白いところは、「正面から見ると普通の絵なのに、斜めから見ると絵が飛び出している様に見える」など、角度によって姿を変えることです。違った角度から見ることで、ただの絵がだまし絵になるので、「色々な角度から見てみよう」と言う探究心を煽られることも。

このトリックアートを見ることができるミュージアムが、全国にできているのです。横浜中華街にある「チャイナテーマパーク」には、見て触って写真に残して楽しむことができるだまし絵が満載です。まちがい探しなど、頭を使って遊ぶ工夫がふんだんに込められているミュージアムです。更に、「さかさま絵」と言う「絵をさかさまにするとまったく違う絵に見える」と言う絵画の展示も行われており、子供から大人まで幅広く楽しめる様なつくりになっています。

単純に「面白い!」と言うだけでなく、「どうして飛び出して見えるの?」「どんな工夫がしてあるの?」と言う様に、学びの要素があるのが嬉しいですね。トリックアートギャラリーは全国にありますので、「楽しいだけじゃない、何かを学べる様な場所に遊びに行きたい」という人は、ぜひトリックアートギャラリーに足を運んでみて下さい。また、トリックアートはイベント会場などで見ることができるものもありますので、イベントをチェックしてみてもいいのではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


美術館・博物館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 子供が楽しめるミュージアム

「博物館」「美術館」と言うと、「大人が楽しむもの」というイメージがある様に思いますが、今は子供が楽しむことができるミュージアムも充実しています。その代表的なものが「アンパンマンミュージアム」。「アンパンマンミュージアム」は、作者のやなせたかしさんが生まれ育った高知県香美群と、神奈川県横浜市にあります。 高知県のアンパンマンミュージアムは、やなせたかしさんが実際に描いたイラストを見ることができるだけでなく、様々なアンパンマン関連のグッズを見ることもでき、子供たちがアンパンマン

美術館・博物館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。