トップ 美術館・博物館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

美術館・博物館ナビ少し変わったタイプのミュージアム > フィギュア専門の博物館

フィギュア専門の博物館

フィギュア専門の博物館の画像

「変り種」と言われる博物館の中に、「制作したフィギュアを展示した博物館」があることをご存知でしょうか。今や日本のアニメブームは世界に広がりを見せており、グッズ目当てに外国人が秋葉原に訪れるなど、大きな盛り上がりを見せています。そんなアニメブームの前から、日本アニメのフィギュアをはじめとする「立体造型」の世界を牽引してきたのが「海洋堂」と言う企業です。

海洋堂のフィギュアには、アニメだけでなく「恐竜」「動物」「魚」などがあり、造りの精巧さや繊細さが多くの人に指示されました。今でもたくさんの作品を世に送り出している海洋堂ですが、「昔の作品も見たい」と言うファンの為に、歴代の作品を集めたミュージアムを作りました。場所は「滋賀県長浜市」「高知県高岡郡四万十」、他に東京都内でカフェを展開していたり、ミュージアムの出張なども行っている様です。

中でも面白いのが高知県にできた「海洋堂ホビー館四万十」で、このミュージアムの元はなんと廃校になった小学校。冬になると雪で道が凍ってしまう様な山奥にあり、サイトでも「へんぴなミュージアム」を謳っています。どうしてわざわざ、新幹線も地下鉄もない高知県にこの博物館を作ったのか、それは「便利な環境に住んでいる人が、わざわざ不便なところに出かける」と言うところに重点を置いたから。

交通が不便なところにあるので、行きにくい場所ではありますが、ここにくれば1960年からの海洋堂の歴史をすべて見ることができます。流石に面白いフィギュアを長年作り続けてきた企業だけあって、ミュージアム作りのベースとなった発想も豊かなものです。企画の段階から面白い発想が詰め込まれている「海洋堂ホビー館四万十」は、高知県の新名所として多くの人が訪れている様です。

過去作品の展示会なども行われておりますので、フィギュアが大好きと言う人には、是非とも足を伸ばしていただきたいですね。「ちょっと変わっているけれど、面白くて楽しいミュージアムに行きたい」と言う人にお勧めです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


美術館・博物館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ピカソ美術館へ

ピカソ美術館は世界にいくつかある様ですが、ここでは「パリ」「バルセロナ」の二箇所にある美術館について触れたいと思います。ピカソ美術館は、フランスの画家である「パブロ・ピカソ」の作品を展示している美術館。ピカソは晩年までに多くの作品を遺していますが、中でも有名な作品が「ゲルニカ」「泣く女」です。 ナチスに襲撃されたゲルニカの街を描いたこの作品には、母親が子供の亡骸を手にしている姿や、倒れる人が描かれており、血の色である赤を一切使わず、白と黒だけを使って描かれていることが余計に

美術館・博物館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。